catch-img

スキマバイト主要4サービス徹底比較|自社に適したサービスの選び方も解説!

こんにちは。スキマバイト募集サービス「タイミー」ライターチームです。

2018年1月、厚生労働省による働き方改革の一環として「モデル就業規則」が見直されたことで、副業を解禁する企業の動きが活発化しています。

これを受けて、空いたスキマ時間を有効活用しようと、スキマバイトのニーズが高まってきました。

しかし、スキマバイトを初めて導入する企業においては、どのサービスを選べばいいか迷っているという採用担当の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、スキマバイトサービスを選ぶポイントやスキマバイト主要4サービスについて解説します。

どのサービスを利用すればいいか悩んでいる方やスキマバイトサービスについて知識を得たいという方は、ぜひ参考にしてください。



目次[非表示]

  1. 1.スキマバイトサービスを選ぶポイント
    1. 1.1.①採用したいエリア・職種の求職者が多いか   
    2. 1.2.②採用コストは採算がとれるか
    3. 1.3.③ユーザー登録者数が多く属性が適しているか
    4. 1.4.④即戦力と適したタイミングでマッチングできるか
  2. 2.【比較表】スキマバイト主要4サービスの違いをチェック
  3. 3.スキマバイト主要サービス 1. シェアフル
    1. 3.1.サービスの得意な職種・地域
    2. 3.2.料金|成果報酬型(採用課金)・求人広告掲載料無料
    3. 3.3.特長1.1日からの採用で2カ月後のバイト募集も可能
    4. 3.4.特長2.トライアル採用からの長期正社員雇用への移行も!
    5. 3.5.特長3.面接なし・選考方法が2段階
    6. 3.6.特長4.労務関連業務を一元管理で事務作業効率化
  4. 4.スキマバイト主要サービス 2. ショットワークス
    1. 4.1.サービスの得意な職種・地域
    2. 4.2.料金|成果報酬型(閲覧課金)・求人広告掲載料無料
    3. 4.3.特長1.1日の単発短期専門でユーザーに学生・フリーターが多い
    4. 4.4.特長2.気に入ったユーザーの閲覧は無料・レギュラー機能
    5. 4.5.特長3.面接なしも可・プロフィールで選考してミスマッチを防止
    6. 4.6.特長3.姉妹サイトの活用で即戦力が見つかる
  5. 5.スキマバイト主要サービス 3. LINEスキマニ
    1. 5.1.サービスの得意な職種・地域
    2. 5.2.特長1.LINEの関連サービスで登録者数が圧倒的
    3. 5.3.特長2.契約タイプによって料金やサービス内容が異なる
      1. 5.3.1.ベーシックタイプ|勤怠管理お任せで自社の工数を削減する
      2. 5.3.2.マニュアルタイプ|勤怠管理と選考を自社で行いミスマッチを防ぐ
    4. 5.4.特長3.当日の数時間からの雇用・リピーター採用OK
    5. 5.5.特長4.求職者は募集業務の経験者!事前に評価を確認できる
  6. 6.スキマバイト主要サービス 4. タイミー
    1. 6.1.サービスの得意な職種・地域
    2. 6.2.料金|完全成果報酬型・求人広告掲載料無料
    3. 6.3.特長1.1時間からの雇用OK・最短即日採用・当日勤務も可能
    4. 6.4.特長2.企業とユーザーが相互評価|お互い質の高い契約ができる
    5. 6.5.特長3.面接なし・選考なし・最短10分でマッチング
    6. 6.6.特長4.お気に入り機能・引き抜き採用で人材育成の効率化
  7. 7.スキマバイトのサービス選びに迷ったら・タイミー一択!


スキマバイトサービスを選ぶポイント

必要なタイミングで必要な人材を確保するためには、スキマバイトの採用に特化したサービスを利用することがおすすめです。

ここでは、スキマバイトサービスを選ぶ際のポイントを4つご紹介します。

①採用したいエリア・職種の求職者が多いか   

採用したいエリア・職種の求職者が多いかどうかチェックしましょう。

求人を掲載しても、求めているエリア・職種の求職者がいなければ採用に繋がりません。

特にエリアは、利用するスキマバイトサービスの「サービス提供範囲内」であるかを確認することも大切です。

スキマバイトの需要が高まっているとはいえ、全てのスキマバイトサービスが、日本全域でサービスを展開しているとは限らないため、注意が必要です。

②採用コストは採算がとれるか

人を採用するためにはコストがかかります。「コスト」といっても、求人の掲載費や成果報酬、採用に携わるスタッフの人件費など、さまざまなものが含まれます。

採用にかけられる予算や時間はどれくらいか、検討した内容で採算がとれるか、しっかりと見極めましょう。

③ユーザー登録者数が多く属性が適しているか

利用するスキマバイトサービスのユーザー登録者数や属性にも目を向ける必要があります。

スキマバイトは、勤務日の2~3日前や勤務当日など、短期間で求人を掲載して採用するケースも多々あります。

1人でも多くの方に求人を見てもらえるよう、ユーザー登録者数が多いサービスを選びましょう。

「学生が欲しい」「募集する時間帯が昼間だから主婦層を希望」など、求めるターゲット層が属しているかも併せてチェックすることをおすすめします。

④即戦力と適したタイミングでマッチングできるか

スキマバイトは、通常のバイトと比較すると1日の勤務時間が短く、指導に時間をかけることが難しいため、即戦力をどれだけ採用できるかがポイントです。

また勤務日直前に募集を開始しても、即戦力となる人物ときちんとマッチングできるかどうかも、見極めたいポイントです。

求人を掲載するときに、求める人物のスキルや経験についてどれだけ詳細に記載できるか、適したタイミングで求職者とマッチングできるか、考慮する必要があります。


【比較表】スキマバイト主要4サービスの違いをチェック

前項でスキマバイトサービスを選ぶポイントについて解説しましたが、それぞれのサービスにはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、スキマバイトの主要4サービスの違いについてまとめています。ぜひ参考にしてください。

引用元:
シェアフル
ショットワークス
LINEスキマニ




スキマバイト主要サービス 1. シェアフル

シェアフルは、総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社とフリーランスのためのプラットフォームを提供するランサーズ株式会社が設立した合弁会社「シェアフル株式会社」が運営しています。

シェアフルはオフィスワーク系業務をはじめとして、短期だけでなく長期も見据えて人材を補いたいという企業向けです。

2019年3月にサービスを開始して以来、2023年4月時点でアプリのダウンロード数が累計260万件を超えるなど、日毎に勢いを増しています。

参考:シェアフル「シェアフルとは」

サービスの得意な職種・地域

シェアフルは、オフィスワーク系や販売系、軽作業系など多種多様な業種・職種に対応しています。

なかでも、ExcelやPowerPointなどのパソコンスキルを持つ求職者が多く登録していることから、書類作成やデータ入力といったオフィスワーク系が得意です。

地域によって差はありますが、東京や愛知・大阪・福岡を中心に掲載件数を伸ばしています。

サービスの提供エリアは全国に拡大中で、求人が掲載されていない地域については、求人が掲載されたタイミングでアプリをインストールしている求職者に通知が届くなど、募集・採用の機会を逃さないよう工夫しています。

料金|成果報酬型(採用課金)・求人広告掲載料無料

シェアフルの料金形態は、成果報酬型(採用課金)です。実際に求職者(採用した方)が働くまで費用はかかりません。

求職者が就業した場合に、報酬(交通費含む)×30%の紹介手数料が発生します。

シェアフルを利用するためのアカウント開設や求人広告の掲載費用は発生しないため、コストを抑えて始められます。

特長1.1日からの採用で2カ月後のバイト募集も可能

シェアフルは、1日単位で人材を採用できます。
「人数が確保できない週末の1日だけ採用したい」というときにピッタリです。

さらに、複数日の勤務が必須である「複数日求人」もあります。

複数日求人は、募集する段階で必須勤務日を最大2カ月先まで設定可能。直近の勤務日だけでなく先の勤務日までバイトを募集・確保できるため、求人を何度も掲載する手間が省けます。

特長2.トライアル採用からの長期正社員雇用への移行も!

シェアフルは「トライアル採用」制度を導入しています。

トライアル採用は、実際に1日(※日数は企業ごとに異なる)求職者をトライアルとして採用し、双方の合意が得られた場合に長期雇用へ切り替えられる制度です。

企業にとっては求職者の能力や勤務態度、人柄などがわかり、新たに長期雇用のための求人を掲載する必要がないため、採用コストを抑えられるメリットがあります。

特長3.面接なし・選考方法が2段階

シェアフルの選考過程には「面接」を設けていません。

選考方法には、企業側が応募内容を確認して採用するか否かを決定する方法と、選考をすることなく応募後に採用が即決定となる方法の2つがあります。

応募後に採用が即決定となるのは「即決定」という設定をしている場合です。

「即決定」を設定しておくことで、企業が求める応募条件を全て満たしている求職者から応募が来た場合、選考をすることなく採用が決定します。

特長4.労務関連業務を一元管理で事務作業効率化

シェアフルでは、就業条件の明示や勤怠管理・給与計算・給与の代行振込など、面倒な労務関連業務を一元管理することが可能です。

事務作業を効率化することで、短期間・短時間人材を雇用するハードルが下がり、必要なときに必要な人材を活用しやすくなります。


スキマバイト主要サービス 2. ショットワークス

ショットワークスは「株式会社ツナググループHC」が運営する、単発~短期間・リピートで気に入った方を集めたい企業向けの短期専門求人サイトです。

2004年8月に関東でサービスの提供を開始したショットワークスは、2023年3月時点で累計会員数が290万人を突破し、今もなお成長を続けています。

参考:株式会社ツナググループHC「お知らせ」

サービスの得意な職種・地域

掲載職種は、倉庫内・軽作業系や運送・ドライバー系、フード系など幅広く、中でも倉庫内・軽作業系やイベント系(設営や案内)といった経験がない求職者でも働きやすい職種を中心に多く掲載しています。

ショットワークスは日本全国でサービスを提供しているため、地域を問わず求人の掲載が可能です。

複数のエリアに店舗や事業所を構えている企業にとっては、エリアごとに利用するスキマバイトサービスを使い分ける必要がなく、手間が省けます。

料金|成果報酬型(閲覧課金)・求人広告掲載料無料

ショットワークスの料金形態は、成果報酬型(閲覧課金)です。

閲覧課金とは、応募してきた求職者のうち「採用したいと思う応募者の個人情報(連絡先)を閲覧する」際に2,500円~課金される料金モデルです。

求人広告の掲載や応募者の基本情報(年齢や資格・学歴など)を確認する時点で費用はかかりません。

ただし、エリアごとに異なる基本料や担当者利用ID料金など、採用前から一部費用が発生します。

特長1.1日の単発短期専門でユーザーに学生・フリーターが多い

ショットワークスは「1日だけ」の勤務が可能な単発短期の専門サイトです。

会員層は、比較的時間の融通が利きやすい学生(大学生・専門学生)やフリーターが約6割を占めているため「明日、急に人手が足りなくなった」「今週末だけピンポイントで人数を増やしたい」といった場合にも、対応できます。

数多くあるスキマバイトサービスの中でも、高校生の会員登録が可能であることはショットワークスの特長の一つです。

参考:ショットワークス「圧倒的な集客力&ユーザー数」

特長2.気に入ったユーザーの閲覧は無料・レギュラー機能

レギュラー機能とは、一度就業した求職者から再度応募があったときに、応募者の個人情報を無料で閲覧できる機能です。

通常ショットワークスでは応募者の個人情報を閲覧するときにコストが発生しますが、一度就業した求職者をレギュラー登録しておくことで、コスト(閲覧料)が削減できます。

特長3.面接なしも可・プロフィールで選考してミスマッチを防止

ショットワークスでは、選考の過程で面接を設けるか否かは企業側に委ねられています。

面接をしない場合でも、応募者の詳細なプロフィールを確認し、自社が求めるスキル・人物像とすり合わせることでミスマッチを防げます。

特長3.姉妹サイトの活用で即戦力が見つかる

ショットワークスには、下記のような姉妹サイトがあります。

募集する職種や求めるスキルなど、ニーズに合った姉妹サイトを活用することで即戦力が見つかります。


スキマバイト主要サービス 3. LINEスキマニ

LINEスキマニは、コミュニケーションアプリLINEでお馴染みの「LINE株式会社」が運営しています。

2021年3月にサービスの提供を開始したLINEスキマニは、わずか2年でユーザー登録者数が約1,600万人を超えました。

単発~短期間・契約タイプを選んで利用したい企業向けのサービスです。

参考:LINE「プレスリリース」

サービスの得意な職種・地域

2022年3月に公表されたデータですが、LINEスキマニに掲載されている求人の募集職種は、軽作業系が約6割を占めており、販売系、引越し・配達系が後に続くようです。

サービスの提供エリアは明確に公表されていませんが、順次全国に展開予定。

ユーザー登録者数は約1,600万人と多いため、今後サービスの提供エリアがさらに拡大することで、自社にマッチする人材が現れることが期待できます。

参考:PR TIMES「LINEの単発雇用マッチングサービス「LINEスキマニ」 サービス開始1周年を記念し、期間限定キャンペーンを開催!」

特長1.LINEの関連サービスで登録者数が圧倒的

LINEスキマニの特長は、圧倒的なユーザー登録者数です。

今では日常的なコミュニケーションツールの一つとして欠かせないLINEの関連サービスとして、登録者数は他社サービスと比較すると頭一つ抜けています。会社員の登録数が多く、フリーターや学生などユーザーの属性も幅広いです。

サービス手数料と振込手数料に関してもワーカーが働いてくれた分だけ支払うため、無駄なコストをかけずにワーカーを雇えます。

特長2.契約タイプによって料金やサービス内容が異なる

LINEスキマニは、初期導入・月額費用が不要で、選択する契約タイプ(ベーシックタイプorマニュアルタイプ)によって料金や適用されるサービス内容が異なります。

ベーシックタイプ|勤怠管理お任せで自社の工数を削減する

勤怠管理や給与の支払いを企業に代わってLINEスキマニが行うタイプです。

就業者は、原則応募の先着順で決定するため、応募者の選考もありません。担当者の工数をできる限り削減したい企業向けです。

ただし、LINEスキマニの紹介手数料(賃金×30%)に加え、給与立替手数料(250円/就労毎)がかかります。

マニュアルタイプ|勤怠管理と選考を自社で行いミスマッチを防ぐ

勤怠管理や給与の支払い、就業者の選考を自社で行うタイプです。応募者のプロフィールを確認して自社で選考できるため、工数をかけてでもミスマッチを防ぎたい企業向けです。

費用は、LINEスキマニの紹介手数料(賃金×30%)がかかります。

特長3.当日の数時間からの雇用・リピーター採用OK

LINEスキマニは、当日の数時間から求職者を雇用可能です。

求人は勤務当日の掲載も可能なため、急な人手不足にも対応できます。

また、同社で一度就業したことがあるリピーターのみを対象とした求人の作成も可能です。

「前回働いてくれた方が良かったから、リピーター向けに求人を発信したい」というニーズが叶います。

特長4.求職者は募集業務の経験者!事前に評価を確認できる

LINEスキマニでは、就業者を評価する機能があります。勤務終了後、企業側で就業者のスキルや人間性・総合評価などを入力することが可能です。

評価を入力しておくことで、自社の募集業務を経験したことがある求職者から再度応募が来た場合、事前にその応募者の評価を確認できるメリットがあります。


スキマバイト主要サービス 4. タイミー



テレビCMでもお馴染みのタイミーは「株式会社タイミー」が運営しています。

登録ワーカー数は600万人を超え、企業とワーカーのマッチング率は90%以上を誇っています。

超単発・ピンチにも対応ができ、労務などにかかる手間も削減したいという企業向けです。

参考:タイミー「タイミーが選ばれる理由」

サービスの得意な職種・地域

タイミーは、飲食系や小売業・物流系を中心に、オフィスワークやイベント系など幅広い職種に対応しています。

初心者でも取り組みやすい簡易的な作業から、保育士・歯科助手といったスキルや資格を要する専門職まで募集が可能です。

サービスの提供エリアは日本全国(47都道府県)で、人が集まりやすい都心から郊外までカバーしています。

人口が少ない地域や交通の便が良くない場所でも、タイミーの導入事例やマッチングの成立実績があります。

料金|完全成果報酬型・求人広告掲載料無料

タイミーの料金形態は、完全成果報酬型です。採用したワーカーが実際に働くまで費用はかかりません。

求職者が就業した場合に、日給(交通費含む)×30%の紹介手数料+振込手数料(220円/月)が発生します。

初期費用はかからず求人広告は無料で掲載できるため、無駄なコストをかけずに人材を集められます。

特長1.1時間からの雇用OK・最短即日採用・当日勤務も可能

タイミーは「開店前の掃除だけ」「ピーク時の皿洗いだけ」など、特定の業務のみの募集が可能です。

最短1時間から雇用可能なため、必要な時間帯にピンポイントで人材を確保できます。

求人は、管理画面から簡単な情報を入力するだけで時間をかけずにサッと掲載が可能。人手が必要な当日でも掲載できるため、最短即日採用・当日勤務にも対応しています。

特長2.企業とユーザーが相互評価|お互い質の高い契約ができる

タイミーでは、企業側の一方的な評価ではなく、企業とユーザー(就業者)が相互に評価するシステムを設けています。

企業が行うユーザーへの評価は、他社がユーザーを採用する際の一つの判断基準となり、ユーザーが行う就業先企業への評価は、今後の採用活動において求職者の応募の判断基準となります。

お互いに評価を行うことを前提として真摯に向き合うことで、質の高い契約に繋げられます。

特長3.面接なし・選考なし・最短10分でマッチング

タイミーは、面接がありません。互いが事前に登録した情報のマッチングによって就業者が決定します。

「事前に登録した情報」とは、企業側における求職者に求めるスキルや経験のこと。一方求職者側にとっては、保有資格やスキル、経験などです。

求職者が応募をすると、タイミーのマッチングシステムによって、最短10分で企業とのマッチングが成立します。

応募から採用まで工数をかけず、スピーディーに進めることが可能です。

特長4.お気に入り機能・引き抜き採用で人材育成の効率化

タイミーには「お気に入り」機能があります。また働いてもらいたい、一緒に働きたいと感じた求職者をお気に入りに登録しておくことで、お気に入りに登録した求職者限定で求人を公開することが可能です。

リピーターが就業することで指導にかかるコストを削減できるため、業務の効率化にも繋がります。

また、タイミーでは気に入った就業者の引き抜き採用も可能です。
就業者を長期アルバイトとして無料で引き抜くことで、人材育成の効率化も図れます。

スキマバイトのサービス選びに迷ったら・タイミー一択!


人手不足が深刻化する中、副業解禁の動きに合わせてスキマバイトのニーズが高まっています。必要な労働力を確保するため、スキマバイトサービスを適切に選んで導入しましょう。

必要なタイミングで募集条件に合った人材を短時間で確保するなら、タイミーがおすすめです。

タイミーなら最短1分で求人が掲載でき、90%以上の高いマッチング率によって、自社に適した人材をスムーズに採用できます。

求人広告の掲載は無料のため、スキマバイトサービスの利用が初めてでも導入しやすい利点があります。「タイミーについてもっと詳しく知りたい」という方はぜひ資料をダウンロードください。

  【タイミー】資料請求フォーム 【タイミー】資料請求フォーム

ピックアプ記事


スキマバイトを募集するならタイミー

タイミーとは?


働きに来て欲しい時間や求めるスキルを

指定するだけで、条件にあった働き手が

自動マッチングするスキマバイト募集

サービスです。規模や時間を問わず、

あらゆる業種で利用可能です。


メルマガ購読(無料)
ご送信いただく個人情報については、弊社担当者からのご連絡や弊社サービス又はセミナーに関するご案内をお送りする等の目的で、厳正な管理の下、プライバシーポリシーに従って利用させていただきます。